不動産名義変更を行わず放置した場合罰せられることはありますか?

不動産名義変更について学べるブログ

不動産名義変更を行わない場合何か支障はあるのでしょうか?法的には問題はありませんが、今後を考え資産の把握に努めることをおすすめします。

新着おすすめ記事

不動産名義変更を行わず放置した場合罰せられることはありますか?

不動産名義変更を行わない場合、法的に問題が生じることがあるのでしょうか。

名義人本人が亡き後、相続人がしておくべきことなどを含め考えてみましょう。

■不動産名義変更は急がなくても大丈夫。

土地や家屋を所有している名義人が死亡してしまった場合、理想的には法定相続人が集まって協議を開き、遺産分割協議書を作成して不動産名義変更に入ります。

現在のところ、このような段階を踏んで名義変更を行わなくても、法律で罰せられるなどの決まりはありません。

現実に遺産には親類縁者のさまざまな利権が絡み合っていることが多く、「ヘタに協議を開いてパンドラの箱を開けてしまうようなことになるより」と、不動産名義変更をしないままでいる家族・親族も大勢います。

ただしデメリットとして不動産名義変更手続センターが説明しているように、長年そのままにしておくことにより必要書類が揃わなくなるなどの問題が起こりやすくなります。

年がたてばたつほど難しい事も出てきますから、全く何も手を付けない、というのは良い方法とは言えないでしょう。

■故人の遺言書、資産の状況は調べておく。

不動産名義変更をせずに過ごしても、法定相続人の数が少なくシンプルな場合は問題ありませんが、被相続人(故人)が他界してしばらくのあいだは用心する必要があります。

まず、故人の遺言書がないかを早めに確認しておきましょう。

次に、家族や法定相続人に当たる人が知らないあいだに、借金をしていないか、株取引や為替取引で損失を出していないかなど、資産のプラス・マイナスを洗い出しておきましょう。

故人宛ての郵便物によって、ネットバンキングや株取引の会社などがわかる場合もあるので、順次問い合わせを行って明らかにしておきます。

■いつでも不動産名義変更の手続きが行えるように、準備だけは整えて起きましょう。

準備さえ整っていれば不動産の売却など、新たな段階にもスムーズに入れます。

たとえば故人名義の不動産を処分して現金に換えておこうとした際、上記のような資産の把握ができていないと不動産名義変更が円滑に行えないこともあります。

資産の把握を行い支障のないようにしておきましょう。

Copyright 不動産名義変更について学べるブログ. All Rights Reserved.