遺産相続による相続登記の手続きはどんな流れになりますか?

不動産名義変更について学べるブログ

遺産相続登記、不動産名義変更までの流れについて。相続人がシンプルな場合・複雑な場合で違いがあります。

新着おすすめ記事

遺産相続による相続登記の手続きはどんな流れになりますか?

被相続人(故人)が亡くなり遺産相続を行うためには、相続登記によって不動産名義変更を行う必要があります。

相続人が複数で協議が必要になる場合もあります。

不動産名義変更までの要点を記述します。

■相続登記の手続きについて。

まず故人(被相続人)が所有する不動産や動産(土地・家屋)が、間違いなく故人のものかを確認するため、登記簿謄本を用意するところからはじめます。

所轄の法務局に行き、申請手続きをすれば取得できます。

間違いやすいのでcheck!→登記簿謄本と登記事項証明書の違いは?:松山地方法務局

次に相続人を決めるための遺産分割協議を開きます。

法定相続人の全員に集まってもらって協議を行い、遺産(土地・建物を含むすべて)の取り分について、相続人を決めていきます。

不動産が複数ある場合は不動産を分割・分与します。

配偶者が居住している住宅1つであれば、協議の内容によって、応分の現金などを分与します。

■相続人と相続内容の確定~書類作成。

相続人の確定には、配偶者も含めて人数分の戸籍謄本、住民票が必要です。

遺産分割協議を開く際に持ち寄ってもらいましょう。

遺産分割に合意ができたら、合意内容を遺産分割協議書に書き記します。

相続人の住所・氏名、相続の内容、署名捺印をそれぞれ行います。

完成した協議書は人数分コピーし、割り印して個々に保管します。

次に、その協議書内容の不動産の遺産相続分について、新たな相続人が相続登記申請書類を作成することになります。

これが不動産名義変更になります。

出来上がったら所轄の法務局に申請し完了となります。

■相続人が配偶者のみ、またはご家族数人の場合は、遺産分割協議書の作成は必要ありません。

そのまま相続登記申請に臨んでください。

遺産分割協議書が必要になるのは相続人が多数で、先々もめ事になるのを避けるためです。

配偶者のみの相続、あるいはその子どものみなど、もめ事の心配がない場合は不要です。

Copyright 不動産名義変更について学べるブログ. All Rights Reserved.